かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >健康川柳・NO35
健康川柳
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース


















NO.35 “父さんは茶の間にいてもホームレス

子供の事件に接すると、この川柳が思い浮かぶ。父の座が消え、権力が弱くなった父親の存在と子供の事件とは関係があると言われているからだ。先日、腹痛や頭痛でときどき学校を休むのはクラスメートとのコミュニケーションがうまくいってないからと判断してカウンセリングした男子中学生に、父親は怖いか、しかられらことはあるか、と聞いてみた。「怖くない。しかられたことはない」とのことだった。不登校や家庭内暴力を起こす子供の家庭に共通していることは、父親がやさしくて幼いころから子供をしかったことがないことと言われているので聞いてみたのだ。

少子化の今、一人の女性が産む子供の数は約一・五人なので、
≪平成の子供は一姫半太郎≫

となるのだが、どうも、過保護の子が多いような感じだ。社会学者は、「過保護の子供は欲しいものは手に入り、自分で考えることをやめ、自分の欲望は何でも充足すると思い込み、大きくなる。中学生、高校生になったとき、生き方まで買いあたえようとする父親に生まれて初めて欲望をさえぎられ、怒りを爆発させる」と言っている。だから、

≪一人目は長男長女で甘やかし≫
≪二人目は末っ子だからと甘やかし≫

ということは要注意で、一人っ子の場合は、

≪一人っ子手を掛けすぎて手に負えず≫

とならないようにしなければならない。
私は大いにしかる方だ。先日、C D店で棚と私の間を無理に通ったので「こういうときは後ろを通るのが礼儀だよ」と注意した男の子が腹痛で受診し、お互い、あっと声を出したことがある。だが、彼の言葉でいい間柄になったのだった。「こないだは、ありがとうございました。両親はそんな注意をしてくれる人は滅多にいないよと言っていました」。
 腹痛は思春期心身症では最も多い症状なので、私は心も探りながら診た。症状と所見が違い過ぎるのでびっくりしたが、彼のそんなに強くない腹痛は虫垂(いわゆる盲腸)が骨盤深くにもぐりこんでそこで膿瘍を作っているためのものだった。即入院手術となったが、退院の日に彼は両親のエピソードを披露してくれた。
「うちの親は適当に厳しいのですが、看護婦の母と父は盲腸が縁で結婚したそうです」

≪盲腸の毛剃りが縁でゴールイン≫

盲腸の手術のときは看護婦が恥毛を剃るので、私はそんな川柳をひそかに作った。そして、彼に声をかけた。
「父親になったら、子供をしかるべきときにはしかる親になるんだよ」


川柳で学ぶ健康法一覧

NO.1

NO.2

NO.3

NO.4 NO.5 NO.6 NO.7 NO.8
NO.9 NO.10 NO.11 NO.12 NO.13 NO.14 NO.15 NO.16
NO.17 NO.18 NO.19 NO.20 NO.21 NO.22 NO.23 NO.24
NO.25 NO.26 NO.27 NO.28 NO.29 NO.30 NO.31 NO.32
NO.33 NO.34 NO.35 NO.36 NO.37 NO.38 NO.39 NO.40
▲各番号をクリックしますとページが開きます
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事