かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >健康川柳・NO3
健康川柳
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース


















NO.3 “運動は無理せずまずは速歩から
運動不足も原因の一つになって、糖尿病、高血圧症、高脂血症(コレステロールや中性脂肪が高い状態)などの 生活習慣病が増えている。だから、生活のリズムの中に運動をという項目を入れねばならない。 金のかからない運動は歩くことだ。できたら一日一万歩、歩くといい。

それに必要なのが万歩計で、万歩計には「あら不思議歩きたくなる万歩計」という効果 があるからだ。

「マイペースにこにこ母の万歩計」
「あいさつを交わす人増え万歩計」
「若者を追い越して行く万歩計」
「もう少し早く歩けと万歩計」


万歩計のある情景はさまざまだが、とにかく歩くことが最もいい運動である。

「三段腹へらす運動腹がへり」

「歩けども靴ほどへらぬ脂肪腹」

でも、 「長生きのコツそれはまず歩くこと」 なので、歩かねばならぬ。

歩くと、血圧、血糖が下がり体重もいずれはへるので、
「街角を曲がればそこはもう旅路」
という気分であるくといい。

今日はこのコース、明日は日々草やネコと出会ったあのコース、
あるいは(美人多し徐行せよ) の看板があるコース、
そんな「ぼくの細道」「私の細道」
をいくつか作って、左右を見たり振り返ったり、 右に曲がったり左に入ったりして、楽しく歩けばいいのだ。

足が悪くて十分に歩けなければ、
「あれこれと野菜作って医者いらず」
という運動でもいいから、とにかく動くことだ。

「目は一重あごは二重で腹は三重」だった友人が
「減量に成功貧乏神に似る」
とときどき言うけれど、血圧、血糖が正常となりとても喜んでいる。

「生活のリズムの中に運動を」

川柳で学ぶ健康法一覧

NO.1

NO.2

NO.3

NO.4 NO.5 NO.6 NO.7 NO.8
NO.9 NO.10 NO.11 NO.12 NO.13 NO.14 NO.15 NO.16
NO.17 NO.18 NO.19 NO.20 NO.21 NO.22 NO.23 NO.24
NO.25 NO.26 NO.27 NO.28 NO.29 NO.30 NO.31 NO.32
NO.33 NO.34 NO.35 NO.36 NO.37 NO.38 NO.39 NO.40
▲各番号をクリックしますとページが開きます
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事