かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >夏ばてに悩んでいませんか?
院内新聞
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース

















院内新聞
夏ばてに悩んでいませんか?〜暮らしの中の夏ばて対策〜
暑い日がつづくと、「やる気が出ない」「食欲がない」など夏ばてを訴える声が急増します。夏ばては病気ではありませんが、放っておくと病気の原因になったり持病の悪化を招いたりすることもあります。生活に注意して夏を、乗り切りましょう。
どうして夏ばてになるの?
暑い屋外と冷房のよくきいた屋内を行き来していると、発汗などを調節する体の機能(自律神経)がうまく働かなくなります。これが夏バテの主な原因の1つです。さらに睡眠不足やビタミン・ミネラル不足、水分のとり過ぎ、逆に水分の補給不足による脱水なども影響して夏ばてになります。

夏ばての症状

●疲労感、足のだるさ、思考力の低下
●食欲減退、胃腸の働きの低下
●頭痛、めまい、発熱

夏ばて対策はどうするの?

1.

エアコンで冷やし過ぎない

 

室内に入ったとたんに涼しいと感じる温度は、冷やし過ぎ。除湿しながらエアコンを使いましょう。
眠るときはタイマーを利用し、睡眠後1時間程度で切れるようにします。
屋外で汗を流すなど、暑さに慣れることも大切です。

2.

水分を補給する

 

汗を大量にかいたときは、スポーツドリンクなどを利用して水分といっしょに塩分も補給しましょう。

3.

睡眠を十分にとる

4.

栄養バランスのよい食事をとる


コラム〜薬の飲み忘れに注意〜
夏休みの旅行や行事などがあると、生活のリズムが乱れがち。薬を服用している人は、飲み忘れないように注意してください。万一、薬を飲み忘れたときにどうするかを、医師や薬剤師に聞き、メモしておくとよいでしょう。

院内新聞一覧へ
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事