かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >急な暑さは要注意
院内新聞
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース

















院内新聞
急な暑さは要注意 〜スポーツ時の熱中症を防ごう〜
急に暑くなる時期はまだ体が暑さに慣れていないため、熱中症を起こしやすいときです。特にスポーツでは、気温・湿度の高い日、合宿の初日などに注意しましょう。
熱中症とは?
暑い環境で発生する病症のことで、スポーツでは主に、熱疲労と熱射病が問題になります。

1. 熱疲労

:脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などが見られる。

2. 熱射病

:体温の上昇によって、中枢機能に異常をきたした状態。意識障害(反応が鈍い、言動がおかしい、意識がない)が起こり、ときには生命にかかわることもある。

3. 熱失神

:皮膚血管の拡張によって血圧低下が起こり、脳血流の減少のために顔面蒼白となって、めまいや失神などが見られる。

4. 熱けいれん

:大量に汗をかいて水分のみ補給する場合に起こりやすく、血液の塩分濃度が低下し、足、腕、腹部の筋肉に痛みをともなったけいれんが起こる。


こんな症状があったら要注意!
・いつも通りに動けない
・体が疲れて、やる気がなくなる
・体が重くて、力が入らない、ボーっとする
・耳の中でキーンと音がする、声が聞こえにくい
・気持ちが悪い、吐き気がする
・脚や筋肉が痛い、しびれる
・頭が痛い
・フラフラする、目がまわる

応急処置は?
涼しいところで休み、スポーツドリンクなどで水分を補給します。衣服をゆるめ、体を濡らしたタオルでふき、冷やします。意識がないときや、反応が鈍いときは、涼しいところに運んで、体を冷やし、救急車を呼びます。
<熱中症は必ず医師の診断を>
意識が戻り症状が回復しても、影響が残っている場合があるので、必ず医師に相談しましょう。

コラム〜熱中症を防ぐ水分補給
「のどが渇いた」と思う前に飲みましょう。1回に飲む量はコップ1杯くらい(100〜200ml)が適当です。エネルギーや塩分も補給できるスポーツドリンクを利用するとよいでしょう。

   
院内新聞一覧へ
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事