かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >禁煙
院内新聞
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース

















院内新聞
禁煙してみませんか?〜禁煙のコツとメリット〜
タバコをやめたいと思いながら喫煙している方も多いのではないでしょうか。実際、喫煙者の7割は、タバコをやめたいと思っています。禁煙するには、この「やめたい気持ち」を持ち続けることが大切です。
禁煙のコツ
タバコがやめにくいのは、ニコチンに対する依存と、くせ(習慣性依存)のためです。

ニコチン依存には、ニコチン置換療法(NRT)
ニコチンパッチやガムでゆっくりと適量のニコチンを補充すると、依存にはならずに、ニコチンの禁断症状を抑えて、楽に禁煙をスタートできます。
なかなかじぶんの意思だけで禁煙はむずかしいと思われる方は、医師の適切な指導とニコチン置換療法で禁煙に導く方法もあります。

習慣性依存には、行動療法
禁煙のもう一つのポイントは環境作り、見ざる(タバコ関連グッズを処分する)、寄らざる(喫煙所や喫煙者に近づかない)、嗅がざる(車や部屋のニオイを消す)という工夫が有効です。いつもと行動パターンを変え、タバコ以外の方法でリラックスする工夫も大切(水やお茶を飲む、シュガーレスガム、深呼吸、ストレッチ、散歩など)です。

禁煙のメリット

禁煙すると血圧、脈拍、体温が正常にもどり、心臓発作の確率が減ります。やがて肺機能が回復し、年単位で肺がんをはじめ各種がんのリスクが減少します。女性では、お肌がきれいになり、また喫煙による骨粗鬆症や動脈硬化のリスクが減り、妊婦さんでは、妊娠合併症や胎児の異常が少なくなります。
高齢者も、肺や心臓の働きがよくなり、風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。そして、家庭にタバコがなくなると、子どもが健やかに育ち、将来の喫煙予防にもなります。



コラム〜世界禁煙デー〜
毎年5月31日は世界禁煙デー。世界保健機関(WHO)が、タバコ流行による死亡や病気をなくそうと1988年に設けたもの。毎年標語が異なり、今年の標語は「タバコと貧困〜悪循環」。タバコが死亡や病気ばかりでなく、貧困の原因になることは意外に知られておりません。先進国では、タバコ対策が進みタバコ消費が減っているが、一方で途上国では急増しており、少ない収入をタバコに費やして、本当に必要な食事や教育の機会を失くしております。タバコによる経済損失の3分の1は開発途上国といわれております。

院内新聞一覧へ
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事