かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >院内新聞・油断大敵の食中毒
院内新聞
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース

















院内新聞
油断大敵の食中毒 〜家庭でできる予防対策〜

梅雨の頃から秋にかけ、食中毒の発生が急増します。家庭でも食中毒が発生しています。
冷蔵庫を過信せず、食品の取り扱いに注意しましょう。


食中毒予防の基本3原則

食中毒予防の基本は、
食中毒菌を「つけない、増やさない、殺す」。
食品を調理や保存するとき、この基本3原則を念頭に置くようにしましょう。


食中毒菌をつけない

魚介類や野菜などを流水で洗う。カットして売っている食材も洗う。

まな板や包丁などの調理器具はいつも清潔に。まな板は、できれば肉魚用と野菜用を分ける。

肉、魚、卵などを扱った前後は手を洗い、その際、流水で十分に洗い流す。

食中毒菌を増やさない

調理したものを長くおいておかない。

冷蔵庫に詰めすぎないようにし、10°C以下を保つ(詰める目安は7割程度。冷蔵庫内で細菌の増殖はゆっくりになるが、死ぬことはない)

冷凍食品の解凍は、冷蔵庫内か電子レンジで行う(室温で解凍すると食中毒菌が増える可能性がある)。


食中毒菌を殺す

肉や魚などは十分に加熱する(中心部を75°Cで1分間以上加熱が目安)。


<食中毒が疑われるとき>
お腹が痛い、下痢する、気持ちが悪くなるなど、「食中毒かな」と思ったら、自己判断せず、すぐに医師に相談してください。

院内新聞一覧へ
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事