かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >院内新聞・狭心症 その2
院内新聞
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース

















院内新聞
狭心症 その2
狭心症の治療は、十分に血液が流れなくなった冠動脈の血液の流れを回復させるかが治療のポイントです。流れを回復させる再開通療法としは、薬物療法やカテーテルを使った冠動脈インターベーション治療(カテーテルインターベーション)、冠動脈バイパス手術の3つに大別されます。

薬物療法   カテーテルインターベンション   冠動脈バイパス手術

狭心症の基本的な原因である、冠状動脈の狭窄病変を改善することはなかなか困難ですが、お薬によって冠動脈を拡張したり、心臓への負担を少なくすることなどにより狭心症による症状を起こりにくくすることが可能です。

 

検査にも使う心臓カテーテル(管)を用い、ふさがってしまった冠動脈を再開通する治療です。

 

冠動脈のふさがってしまった部分や狭くなった部分は残しておいてその先の正常な部分に、別の新しい血管をバイパスとしてつなぐ外科手術。


また、狭心症の患者さんは日常生活において、次の点を心がけましょう。

1)

お薬は指示に従い、正しく服用しましょう。

2)

適度な運動が必要です(医師とよく相談して決めましょう)

3)

肥満や食べすぎは、心臓の負担を増やします。食べすぎに注意しましょう。

4)

タバコはやめましょう。

5)

アルコールは、控えめに。

6)

できるだけストレスをためないようにしましょう。

発作が起こった後は、必ず医師にご相談ください。

院内新聞一覧へ
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事