かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム >院内新聞・狭心症 その1
院内新聞
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース

















院内新聞
狭心症 その1
狭心症とは?

心臓をとりまいている動脈を冠動脈といいますが、冠動脈に異常が生じたために、十分にに血液が流れなくなり心臓に酸素や栄養がいきわたらなくなる病気を総称して虚血性心疾患と呼びます。狭心症や心筋梗塞などがこれらに含まれます。
狭心症は、起こったときの状況によって、労作性狭心症と安静時狭心症に分類されています。

1)労作性狭心症:

運動をしたり、坂道や階段を上るなど体を動かしているときに起こります。

2)安静時狭心症:

睡眠中や安静時に起こります。

狭心症は、酸素不足の状態が一時的で回復するのに対し、心筋梗塞はで冠動脈が完全につまってしまい、そこから先に血液が流れなくなり、心臓の筋肉(心筋)が壊死を起こすもので、心臓に大きな障害を残します。


狭心症と心筋梗塞の症状

胸全体、時に左肩や首に、鋭い痛みではなく、圧迫感や締めつけられる感じの痛みがあるのが特徴です

狭心症

心筋梗塞

胸の痛みの特徴

締めつけられるような痛み、重苦しさ、圧迫感がある

締めつけられるような激しい痛み、不安感、重症感がある

発作の持続時間

1〜3分までの短い発作を繰り返す。長くても15分以内

30分以上〜数時間続く。

発作の起こり方

ほとんどが労作時、興奮時、食後などに起こる。特に午前中に行動を起こし始めるときに多い。また、安静時狭心症では、安静にしていても症状が発現する。

ほとんどが労作時、興奮時、食後などの労作とは無関係に起こることが多く、過労が誘因となる。

発作が起こった後は、必ず医師にご相談ください。
また、薬が処方されている場合は、指示されたとおりに飲み(使い)ましょう。

院内新聞一覧へ
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事