かりゆしクリニック医療法人うりずんの会 かりゆしクリニック 内科・小児科・ プライバシーポリシーお問合せリンク集サイトマップ 英語訳 ENGLISH
> かりゆしコラム > 健康について・おたふくかぜ
健康について
クリニック紹介
診療案内
人間ドック
オンライン予約
かりゆしコラム
>健康について
>長寿について
>院内新聞
>健康川柳
かりゆしニュース

















健康について
おたふくかぜ

最近おたふくかぜが流行しています早目にワクチンを受けるようにしましょう。

■おたふくかぜの話

おたふくかぜは、流行性耳下腺炎又はムンプスとも呼ばれ、代表的な小児期の急性ウイルス感染症です。ムンプスウイルスの発見は古く、紀元前5世紀に既にヒポクラテスにより、耳周辺の腫脹を主訴とし、しばしば片側あるいは両側の睾丸腫脹を伴うことのある疾病として記載されています。

このウイルス感染症の30〜40%程度は無症状(不顕性感染)に終わりますが、発症する場合には感染してから16〜18日後に、主として耳下腺腫脹、顎下腺腫脹、食欲不振、頭痛、吐き気、発熱などの症状が現れます。
耳下腺と顎下腺の腫脹は、片側又は両側に認められ、その持続は3〜7日、長い時には10日にも及ぶことがあります。しかし、これらの症状ばかりでなく、このウイルスは全身の各臓器又は組織を侵し、睾丸炎、卵巣炎、膵炎、肝炎などをおこす場合があります。患者は3〜5歳が最も多く、2〜9歳が好発年齢となっていますが、比較的症状が重くなると言われる15歳以上でも2〜3%の患者が報告されています。

成人が罹患すると一般に症状が重く、耳下腺炎、無菌性髄膜炎、睾丸炎などの重症例がしばしば見られます。
このウイルスに対する有効な抗ウイルス剤はなく、他に積極的な治療法もないので、ワクチンによる予防対策が唯一有効な手段です。


■おたふくかぜワクチン(弱毒生ワクチン)
1歳をすぎたら、性別と関係なく接種できます。おたふくかぜにいちばんかかりやすい年齢は、3〜5歳なので、4歳までに受けると良いでしょう。

おたふくかぜは、約3分の1は不顕性感染になると言われていますが、免疫のある人にワクチンを接種しても副反応が強くでることはありませんが、自然感染による合併症とワクチンの副反応の区別がつきにくいことがあります。
【副反応】
発熱はほとんどありません。時には接種2〜3週間後に耳の下が軽く腫れる事があります。しかし、特別の処置をしなくても、1〜2日で消えます。
接種後3週間頃に、まれにこのワクチンに由来すると疑われる、無菌性髄膜炎が起こります。通常経過はよく、重篤な後遺症を残さずに完治します。
※本内容は、細菌製剤協会のホームページより引用しました。
→より詳しく知りたい方はこちら  http://www.wakutin.or.jp/

健康についてに戻る
▲上に戻る

Copyright(C) 2006 KARIYUSHI CLINIC All Right Reserved.
過去の記事